家

理想通りの注文住宅を見つける秘訣「ハウスメーカーの実力」

  1. ホーム
  2. 住宅購入の注意点

住宅購入の注意点

一軒家

様々な条件を考えておく

豊橋市で新築住宅を購入する場合には、単に駅から近いかどうかや値段が安いかどうかだけでなく様々な将来的な条件を考えておく必要があります。最近は、住宅を購入する場合でも、その住宅や土地の利便性だけでなく、将来的な物件の価値がどうなるかを考えながら購入している人が増えています。それゆれ、豊橋市で新築住宅を買う場合でも、買った時の状況だけで判断するのではなく、将来的に土地が上がるかどうかなどの予想も立てながら購入すると20年後や30年後に金銭面で助かるかもしれません。豊橋市は、駅周辺では地価が上昇しています。やはり名古屋市への通勤通学に便利だからという理由が挙げられます。駅のそば以外はそれほど地価は上がっていないのが現状です。今後の人口の動きなども考えて見るとどの辺りに土地を構えるのがいいかがわかってきます。

災害の問題

豊橋市は、地形的には南部は遠州灘、西部は渥美湾があり、北部に行くほど丘陵地帯になります。つまり、南側は海に近くて低地が多く人口が多いのが特徴で、北側は南側に比べると人口は少ないけども高台が多いのが特徴になっています。豊橋市の中心部は市内の中心よりやや西側の渥美湾周辺にあります。災害について考えると、地価の高い西側周辺や海に近い南側は津波や川の氾濫の危険が考えられます。また、地盤は低地ほど弱いため地震が起きた時の揺れも大きくなります。このような条件を考えると、市街地に新築住宅を買う場合には災害に対して十分な対策を立てる必要があります。例えば、少し高台にある新築住宅を買うか、耐震性がしっかりしている新築住宅を選ぶなど点も考えなければなりません。